〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

看護部

2016.10.24

看護部長ご挨拶

新体制の看護部となり、また新規採用看護職員を迎え、新年度をスタートしました。
新人のフレッシュなパワーと経験豊富な看護師の確かな知識と技術を持って、患者さんやご家族の方々、地域の皆さんに常に誠実で温かみのある、心を添えた看護の提供を目指しています。
本院は、教育システムを構築したキャリアラダー研修、専門領域研修を行っています。
看護師一人ひとりが専門職業人として、キャリアアップするよう、知識・技術の習得にたゆまず努力しています。各分野の認定看護師は、院外への出前研修等、積極的に地域へと活動の場を広げ、エキスパートとしての専門性を発揮して看護の質向上に貢献しています。
新人看護師には、集合教育・OJTを取り入れ、充実した新人教育体制もとっています。何かを教えることだけを教育と考えるのではなく、ともに学び・考えることができる、成長とやりがいを感じることが出来る教育を行う職場風土でありたいと考えます。
本院の教育プログラムの中には、院外からの研修参加が可能なものもあります。本院のスタッフと共に学んでみませんか?交流の場にもなると思います。
本院の看護部は、看護職員が子育てしながら安心して働き続けられるための体制を整え、看護師としてのキャリア形成を応援しています。
緒方看護部長

                                                          副院長兼看護部長 緒方信子

看護部の理念

患者を主体とした信頼される看護を提供する。

看護部の方針

患者・家族・組織のために自分ができること、しなければならないことを考えて行動する。

看護部ビジョン

1.患者や家族の意見を尊重しながら、個々の患者に安全な療養環境を提供する。
2.看護に関する専門的知識・技術の向上を図り、患者の早期自立に向けた責任ある質の高い看護を提供する。
3.専門職として常に研鑽し、看護の研究、業績の改善を行う。
4.多職種と信頼関係を持って協働し、病院経営に参画する。
5.臨床は教育の場であることを認識し、看護学生・研修生の教育、指導を行う。

平成29年度 看護部目標

1. Head・Heart・Handの看護で選ばれる病院づくり

(1)専門性の発揮で、患者の早期回復支援
(2)常に安全・安心・責任ある療養環境の提供
(3)認め合い、高め合う、魅力ある職場環境づくり

2.チーム医療の推進

(1)多職種合同カンファレンスの強化とクリニカルパスによる協働
(2)他施設との顔が見える看護連携
(3)看護補助者との協働体制と研修の確立
(4)専門・認定看護師の活動支援

3.病院経営への積極的参画

(1)コスト管理の徹底
(2)確実な加算の取得

看護部体制(平成29年度)

看護体制 一般病棟 7:1看護
看護方式 固定チームナーシング
勤務体制 3交替制(夜勤は、月8回程度)
深夜/0:30~9:15
日勤/8:30~17:15
準夜/16:30~1:15

 教育体制・院内制度

教育理念・教育目的・教育目標・方針
平成28年度長崎版:新人看護職員研修プログラム公開
基礎コースⅠ:年4回 離床技術と褥瘡予防、急変時対応、事例検討など
基礎コースⅡ:年5回 人工呼吸器装着患者ケア、事例検討など
基礎コースⅢ:年4回 日々リーダー教育、事例検討など
リーダーコース:年4回  チームリーダー教育、外部講師による研修
看護管理者コース:年7回 病院経営における看護部門の重要性など
●専門領域シリーズ研修:感染管理糖尿病看護がん看護人工呼吸ケア救急看護
創傷セミナー
●その他:看護研究コース看護補助者研修プリセプター研修計画

クリニカルラダー制を導入し、自己・他者評価によりスペシャリストにつながるジェネラリスト育成のための教育プログラムの充実を図っています

先輩の声

先輩看護師の声♪
≪ 2年目 HCU ≫
HCU 種岡有紀子現在、私はHCU病棟で勤務しています。重症患者さんや術後の患者さんが多い病棟で、勉強の毎日ですが、当院は基礎研修が充実しているため、しっかりと知識・技術を学ぶことができます。
責任のある仕事で、自分にできるのかと悩むこともありますが、先輩看護師、プリセプターさんが温かく指導して下さるので少しずつ成長できています。また、看護を通して患者さんの笑顔・回復過程をそばで見ることができ、苦悩も多いですが、やりがいある仕事だと感じています。
毎日が忙しいですが、患者さんの笑顔と支えて下さる先輩たちに囲まれて楽しく過ごしています。みなさんも当院で一緒に頑張ってみませんか?

≪ 3年目 7階東病棟(呼吸器内科)≫
7東 木下真紗美私の病棟では、肺がんや気胸・肺炎などの患者さんの看護を主に行っています。中には終末期患者もおり、患者さんとご家族の望む最期を迎えられるように看護師間や他職種とカンファレンスを行い、日々葛藤しながら看護を提供しています。
新人の頃は、苦しんでいる患者さんや病態を受け入れられない家族と向き合うことが難しく、自分の未熟さを痛感し何度も看護職の責任の重さにくじけてしまうことがありました。
しかし、当院では3年かけて行われる基礎研修があり、特に1年目ではプリセプターがついて教育指導をして下さるので安心して学習することができました。
看護師3年目となりましたが、未だに分からないことがたくさんあり、勉強の毎日です。忙しく大変だと思うこともありますが、患者さんの笑顔や感謝の言葉を励みに頑張っています。
皆さんも当院で、患者・家族の思いに寄り添った看護を目指して一緒に頑張ってみませんか?

≪ 4年目 4階東病棟(小児病棟) ≫
4東 森田葉月
こんにちは。私は小児科病棟に勤務しています。
当院では1年目~3年目までの基礎研修の中で、基本的看護技術の習得や看護師としての看護観を養うことができます。また師長さんやプリセプターさん、病棟のみなさんに支えてもらい、多くのことを学び、悩みながらも頑張ることができる環境です。
当院の小児科は県北地域の小児医療を担っており、新生児~15歳(疾患によっては15歳以上)の患児が入院します。小児科のみでなく、整形外科や耳鼻科などの多くの科の患児を看るため、幅広く知識や技術を習得することができます。
また、障害児や在宅でのケアが必要な患児も多く、退院に向けて多くの職種と関わりながら、スタッフ全員で在宅での生活ができるように整えていく中に私は看護の魅力を感じながら勤務しています。
毎日子供の笑顔に癒され、退院する姿をみて元気をもらいながら頑張っています。みなさんも一緒に頑張ってみませんか?

≪ プリセプター 7階西病棟(消化器内科) ≫
7西 山内麻郁

プリセプターという立場から新人さんと関わってみて、新人さんが看護師として日々成長していく姿をより身近に実感することができました。
初めはわからないことばかりで悩んでいた新人さんも、基礎研修で新人看護師同士で悩んでいることについて話し合って思いを共有したり、毎日の業務のなかで少しずつ知識・技術を習得することができていったことで、今は2年目となり活き活きと働いています。プリセプターのみならず、病棟スタッフ全員が新人看護師を育てていこうという思いがあります。
また、基礎研修が充実していることから、悩みを分かち合った新人看護師同士の絆も深まっているように思います。
看護師としてゼロからのスタートを、学びの多いこの環境で私たちと一緒に頑張ってみませんか?

最後に、師長さん代表から一言♪
≪看護管理師長 兼 5階東病棟 看護師長 古田幸枝 ≫
5東 看護師長 古田幸枝当院看護部では、患者さんの思いを大切にしながら専門性を発揮した看護を日々提供しています。
新しく入職される皆様方がスムーズに職場に順応できる体制を整えておりますので、どうぞ安心してお見え下さい。
あなたの“看護力!”を当院で発揮してみませんか?是非、一緒に働きましょう!

専門・認定看護師

専門看護師

がん看護:1名

認定看護師

緩和ケア:1名
皮膚・排泄ケア:2名
がん化学療法:2名
集中ケア:1名
感染管理:2名
小児救急:1名
認定看護管理者:1名
新生児集中ケア:1名
救急看護:1名
がん放射線療法看護:1名

認定倶楽部ニュースを発行し、活動状況や研修案内などを広報しています。
※毎年、計画的に認定看護師育成支援を行っています。

看護学生実習受け入れ状況

●平成28年度
県内3校、県外2校

地域連携勉強会in田平

長崎地域医療再生臨時特例基金事業「あじさい塾★ながさき」は平成27年度をもって終了しました。3年間研修会を行い、県北地区でのキャリアアップ研修は好評を頂き、継続していきたいと感じましたので、今後は当院主催での研修会開催を決定いたしました。
県北地区看護職の皆様のご参加をお待ちしております。なお、会場使用料、資料代として参加費を頂くことになりましたので、ご了承ください。
詳細は下記PDFファイルをご覧下さい。
地域連携勉強会in田平

●第1回 「災害とトリアージ」~学ぼう!災害時の初動~
第1回 地域連携勉強会 in 田平