〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

看護部

2018.04.05

看護部長ご挨拶

新体制の看護部となり、また新規採用看護職員を迎え、新年度をスタートしました。
新人のフレッシュなパワーと経験豊富な看護師の確かな知識と技術を持って、患者さんやご家族の方々、地域の皆さんに常に誠実で温かみのある、心を添えた看護の提供を目指しています。
本院は、教育システムを構築したキャリアラダー研修、専門領域研修を行っています。
看護師一人ひとりが専門職業人として、キャリアアップするよう、知識・技術の習得にたゆまず努力しています。各分野の認定看護師は、院外への出前研修等、積極的に地域へと活動の場を広げ、エキスパートとしての専門性を発揮して看護の質向上に貢献しています。
新人看護師には、集合教育・OJTを取り入れ、充実した新人教育体制もとっています。何かを教えることだけを教育と考えるのではなく、ともに学び・考えることができる、成長とやりがいを感じることが出来る教育を行う職場風土でありたいと考えます。
本院の教育プログラムの中には、院外からの研修参加が可能なものもあります。本院のスタッフと共に学んでみませんか?交流の場にもなると思います。
本院の看護部は、看護職員が子育てしながら安心して働き続けられるための体制を整え、看護師としてのキャリア形成を応援しています。
緒方看護部長

                                                          副院長兼看護部長 緒方信子

看護部の理念

患者を主体とした信頼される看護を提供する。

看護部の方針

患者・家族・組織のために自分ができること、しなければならないことを考えて行動する。

看護部ビジョン

1. 患者や家族の意見を尊重しながら、個々の患者に安全な療養環境を提供する。
2. 看護に関する専門的知識・技術の向上を図り、患者の早期自立に向けた責任ある質の高い看護を提供する。
3. 専門職として常に研鑽し、看護の研究、業績の改善を行う。
4. 多職種と信頼関係を持って協働し、病院経営に参画する。
5. 臨床は教育の場であることを認識し、看護学生・研修生の教育、指導を行う。

平成30年度 看護部目標

1.  Head・Heart・Handの看護で選ばれる病院づくり

(1) 専門性の発揮で、患者の早期回復支援
(2) 常に安全・安心・責任ある療養環境の提供
(3) 患者個々の生活を見据えた看護実践
(4) 認め合い、高め合う、魅力ある職場環境づくり

2. チーム医療の推進と充実

(1) 多職種合同カンファレンスの強化
(2) 他施設との顔が見える看護連携
(3) 看護補助者との協働体制と研修の確立
(4) 専門・認定看護師の活動支援

3. 病院経営への積極的参画

(1) 業務改善で効率的・効果的な看護実践
(2) 質を担保した看護実践と評価
(3) 確実な加算の取得

看護部体制(平成30年度)

看護体制 一般病棟 7:1看護
看護方式 固定チームナーシング
勤務体制 3交替制(夜勤は、月8回程度)
深夜/0:30~9:15
日勤/8:30~17:15
準夜/16:30~1:15

 教育体制・院内制度

教育理念・教育目的・教育目標・方針
平成30年度 新人看護職員研修 年間予定表
基礎コースⅠ:年4回 離床技術と褥瘡予防、急変時対応、事例検討など
基礎コースⅡ:年4回 人工呼吸器装着患者ケア、事例検討など
基礎コースⅢ:年4回 日々リーダー教育、事例検討など
リーダーコース:年4回  チームリーダー教育、外部講師による研修
看護管理者コース:年7回 病院経営における看護部門の重要性など
●専門領域シリーズ研修:感染管理がん看護化学療法サポートナース救急看護周産期クリティカルケア
●その他:看護研究コース看護補助者研修プリセプター研修計画

クリニカルラダー制を導入し、自己・他者評価によりスペシャリストにつながるジェネラリスト育成のための教育プログラムの充実を図っています。

先輩の声


先輩看護師の声


≪ 2年目 4階東病棟(小児病棟)≫

現在私は、小児病棟で勤務しています。当院では、1~3年目までは基礎研修により、同期と一緒に看護の知識や技術を身に着けることができます。また、プリセプターさんが丁寧に指導してくださり、病棟全体で成長を支えてくれます。小児病棟は、新生児~15歳(疾患によっては15歳以上)までを対象とし、小児科だけでなく、形成外科、耳鼻科など多科にわたり、看護を提供しています。スタッフ全員で協力し、その児の退院に向け、どんなことが必要なのかを考え、日々働いています。
小児は、自分の痛みや思いを上手く伝えることができません。その中で家族や看護師の気づきというのがとても重要となります。日々の関わりを通して異変に気づき、対応し、自分の行った看護がその子にどういった影響を与えたのか、笑顔で退院する姿を見ることで、「あぁよかったな」と心から思うことの出来る職場だと思います。
皆さんとそういった時を一緒に感じることができたらと思います。

≪ 3年目 救命救急  ≫

私は救命救急病棟の初療室で勤務しています。初療室は主に救急車で搬送される患者さんの対応をしており、新生児から高齢者まで年齢層も幅広く、重症度や緊急度も様々です。
一刻を争う場面も多く、的確な技術と観察力、迅速な判断力が求められるシビアな現場であるため、自分の未熟さを痛感し振り返りの多い日々ですが、周りの先輩方に支えられながら、目の前の患者さんの救命に取り組んでいます。患者さんやご家族と関わる時間は短いですが、その限られた時間の中で自分にできることは何かを考え、心に寄り添った看護を目指して毎日頑張っています。刺激や学びの多いこの環境で、私たちと一緒に頑張ってみませんか?

≪ 4年目 手術室 ≫

私は手術室で勤務しています。当院の手術室は11部屋 あり、年間約4,800件の手術を行っています。患者さんの 生命の安全と心身の安楽を保証し、患者さんが社会復帰 できることを目標に、医師・看護師・臨床工学技士・臨 床検査技師・放射線技師などが連携してチーム医療を展 開しています。日々、緊張感のある現場ですが、無事に 手術が終了し患者さんがご家族の元に戻ることができる ように、最善の看護を提供するよう努めています。
手術室に配属された当初は不安でいっぱいでしたが、悩 みを聞いてくれるプリセプターや丁寧に指導をしてくれる先輩方・先生方に支えられてきました。そのような環境で働くことができ、チームの一員として役割を果たすことができたときには達成感ややりがいを感じることができます。
当院では、1年目から3年目までに充実した基礎研修を受けることができ、基本的な看護技術や知識の習得ができます。また、自分の看護を振り返る機会もあり、反省や課題を見つけながら自己の成長に繋げることができます。
皆さんも充実した教育体制のある当院で、看護師として成長できるよう一緒に頑張ってみませんか?

≪ プリセプター 7階西病棟(消化器内科) ≫

今回初めてプリセプターをさせて頂きました。身近に新人看護師の成長を見てきて、右も左も分からない状態から日々成長していく姿に私自身も刺激を受けながら一緒に成長し、頑張っています!
また、当院は新人教育が充実しています。3年間一緒に頑張る同期はすごく心強いです。プリセプターだけではなく、病棟全体・病院全体で新人看護師を育てようとする素敵な病院です!やりがいのある看護をしたい方!ぜひ私たちと一緒に頑張ってみませんか?

 

 

最後に、師長さん代表から一言♪

≪ 看護管理師長 兼 5階東病棟 看護師長 古田幸枝 ≫

当院看護部では、患者さんの思いを大切にしながら専門性を発揮した看護を日々提供しています。
新しく入職される皆様方がスムーズに職場に順応できる体制を整えておりますので、どうぞ安心してお見え下さい。
あなたの“看護力!”を当院で発揮してみませんか?是非、一緒に働きましょう!

専門・認定看護師

専門看護師

がん看護:1名
母性看護:1名

認定看護師

緩和ケア認定看護師:1名
皮膚・排泄ケア認定看護師:2名(うち1名 特定行為看護師)
がん化学療法看護認定看護師:2名
集中ケア認定看護師:1名
感染管理認定看護師:2名
小児救急看護認定看護師:1名
新生児集中ケア認定看護師:1名
救急看護認定看護師:1名
がん放射線療法看護認定看護師:1名
乳がん看護認定看護師:1名

専門・認定看護師倶楽部ニュースを発行し、活動状況や研修案内などを広報しています。
※毎年、計画的に認定看護師育成支援を行っています。

看護学生実習受け入れ状況

●平成29年度
県内3校、県外2校

 

戻るこのページの先頭へ