〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

病理部門

病理検査では、生検材料や手術で摘出された臓器から、病変の性質・広がり・転移の有無などを調べたり、また手術中迅速病理診断や分泌物・針穿刺吸引などの細胞からがん細胞がないか病理医が顕微鏡的に観察し診断します。

<生検材料>

 組織学的診断

内視鏡検査や針生検などで採取された小さな材料を用いて悪性腫瘍の有無、その他の炎症性変化など病理学的診断をします。

手術で摘出された材料
良性病変や悪性腫瘍の病理的診断(腫瘍の性質・広がり・転移の有無など)をします。

手術中の迅速診断
手術中に摘出された臓器で標本を作製し、顕微鏡的に観察し、病変の性質や転移の有無、また断端部での腫瘍の有無などを調べます。そして結果は直ちに報告され、手術に反映されます。

細胞学的診断

尿・喀痰・気管支材料・婦人科材料からがん細胞の有無を調べる検査です。またリンパ節・乳腺・甲状腺その他に対しては細い針を刺し、また内視鏡的にはブラシなどで細胞を取り、染色標本から顕微鏡的に観察し、異型細胞やがん細胞がないか調べます。

病理解剖

ご遺族の了解をいただき、患者さんの主病変や病死の原因の検索、治療効果の判定などを目的とし、得られた貴重な情報は今後の患者さんの治療に役立てます。

 

戻るこのページの先頭へ