〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

血管造影部門

血管造影検査とIVRについて

先天性心疾患、血管性病変(動脈瘤・静脈瘤・動静脈奇形・動脈硬化、あるいは 血栓症による血管の狭窄および閉塞など)の診断や、 脳、肺、肝臓、腎臓および四肢などの腫瘤性病変の診断などを目的に行われています。
近年では診断のみではなく、血管の狭窄部位を拡げる血管拡張術、 腫瘍を栄養する動脈、血管奇形による漏孔を人為的に詰める動脈閉塞術などを行っています。

検査方法

股関節付近にある大腿動脈(静脈)、あるいは腕の動脈(静脈)に針を刺し、選択的に特定の血管のみに造影剤を注入して撮影を行います。

つらい検査なの?

検査時には、カテーテルを皮膚から皮下組織を通過させて血管内に挿入しますが、検査時の痛みはこの麻酔の注射の痛みだけで、ほかに苦痛は殆どありません。検査後の安静は数時間必要です

血管造影検査手技を利用した治療法について

(A)血管拡張術

動脈硬化などにより血管が狭窄、あるいは閉塞した場合に行われる治療方法です。 カテーテルの先に風船を付けた、バルーンカテーテルと呼ばれる特殊なカテーテルを使用します。 カテーテルの風船部分を血管の狭窄部位に運び、そこで風船を脹らませて狭くなった血管を拡げます。その後、拡げた血管に対してステントという網目状の金属の管を挿入して、再狭窄しにくくします。 心臓の筋肉に栄養を送る冠動脈の狭窄(狭心症)に対し、この治療法が特に多く行われています。

(B)血管塞栓術

血管内に金属コイル、ゼラチンスポンジ等の血流を遮断する物質をカテーテルに通して挿入し、そこから先の血流を遮断する治療法です。 消化菅などの出血血管、腫瘤を栄養している血管、動脈瘤を塞栓します。

(C)カテーテルアブレーション治療

カテーテルアブレーション治療とは、不整脈治療のひとつで、カテーテルという細い管を血管から心臓に入れて、不整脈の原因となる部分(電気回路)を焼灼し、遮断します。心臓の正常なリズムを取り戻す治療です。

(D)ステントグラフト内挿術

ステントグラフト内挿術とは、胸腹部大動脈瘤に対して行う治療です(血管内治療)。ステントグラフトを留置する部位によって、胸部大動脈であればTEVAR(thoracic endo vascular aortic repair)、腹部大動脈瘤であればEVAR(endo vascular aortic repair)と呼ばれます。この治療では、動脈瘤の増大や破裂を防ぐことができます。また従来の開胸、開腹による人工血管置換術と比べ身体への負担を少なく治療が行えます。

 

戻るこのページの先頭へ