〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

  • 肝臓センター集合写真

肝臓センター

肝臓センターの取り組みについて

肝臓センター長 角田 順久
副センター長  松崎 寿久

 

肝臓センターは、2018年10月より、「長崎県北の肝疾患関連死亡リスクの低下」を大きな目標として①肝がんに対する高度先進医療の提供、②慢性肝疾患患者のQOL向上のサポート、③肝炎ウィルス撲滅の啓発活動、④高リスク脂肪肝(NASH)の診断と病診連携を4つの柱として掲げ、チーム医療の充実により肝疾患に対する質の高い集学的治療を提供する活動を行っています。

【肝臓手帳について】
 毎週金曜日の肝炎専門外来には数多くの新患をご紹介いただき、2019年6月からは肝疾患の地域連携パスである“肝臓手帳“の運用を始めました。2020年8月末現在、75の医療機関と162の連携パスを運用させていだたいております。運用開始から1年を経過し、修正が必要な部分が出てまいりましたので、より使いやすい連携パスへ改定を予定しております。

【新規認定について】
 2020年4月1日より、長崎大学病院消化器内科 宮明准教授を非常勤講師としてお招きし、カンファレンス等を通じて最新の治療や知見の習得に努めており、日本肝臓学会専門医制度関連施設にも認定されております。
また、2020年6月1日付で、「肝胆膵外科高度技能専門医修練施設Aにも認定されました。これは、日本肝胆膵外科学会専門医制度修練施設であり、高度技能指導医が1名以上常勤している病院のうち、1年間に高難度肝胆膵外科手術を50例以上行っている施設が認定されるもので、長崎県では、長崎大学病院、長崎医療センターと当院の施設のみとなります。

【新たな取り組みについて】
  さらに、今年度の新たな取り組みとして、より詳細な診療に関する情報の提供を行っていきたいと考えており、肝臓手帳連携医療機関に向けて、月1回の肝パス通信」の発行を開始いたしました。

今後も様々な角度から体制の充実をはかり、肝疾患について高度で質の高い医療を提供し、地域医療に貢献してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

戻るこのページの先頭へ