〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

糖尿病・内分泌内科

naika2016

■特徴・方針等

長崎県北医療圏における、糖尿病を中心とする生活習慣病、内分泌診療拠点の一つを担います。

■診療科の概要

糖尿病診療・・・糖尿病の診断と病型分類を行い、糖尿病性合併症をきちんと評価します。そして、健常者と変わらないQOLの獲得を目標に、糖尿病ケアスタッフとのカンファランスのなかで、患者さん中心の治療方針を決定し、必要に応じて治療方針の見直しも行います。そのために、従来の糖尿病教育入院に加えて、平成27年7月から、インスリン在宅自己注射指導入を外来に新設しました。他診療科入院中の糖尿病患者さんに対しても、手術・化学療法・出産が円滑に進むように、他診療科と連携をとりながら適切な血糖管理を行っています。

内分泌診療・・・下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎疾患の診断治療を行います。外科的治療が必要な場合は、他科と連携をとっています。

リウマチ膠原病診療・・・関節リウマチやリウマチ性多発筋痛症、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェーグレン症候群、自己炎症疾患など膠原病疾患全般を診療しています。関節リウマチの診療では痛みや腫れが改善し炎症反応が改善する(臨床的寛解)だけではなく、関節の変形や破壊を抑制する(構造的寛解)を考慮し、患者さんによっては生物学的製剤の導入を勧めています。関節エコー検査は、早期関節リウマチの診断や軽微な関節の炎症を検出でき、積極的に使用しています。また、不明熱や関節炎等を契機に診断される家族性地中海熱の診療も積極的に行っています。

■取り扱う主な疾患

・糖尿病(1型,2型,その他),妊娠糖尿病
・糖尿病性ケトアシドーシス,高浸透圧性高血糖症候群,低血糖性昏睡
・汎下垂体機能低下症,尿崩症
・バセドウ病,慢性甲状腺炎,甲状腺がん
・原発性副甲状腺機能亢進症/低下症
・原発性アルドステロン症
・関節リウマチ,リウマチ性多発筋痛症
・家族性地中海熱を含む自己炎症疾患
・SLE,皮膚筋炎,血管炎
・シェーグレン症候群

■主な診断・治療法

・強化インスリン療法,BOT療法
・持続皮下インスリン注入(インスリンポンプ)
・GLP-1アナログ療法
・CGMS(持続血糖測定システム)
・関節エコー検査,関節MRI検査
・ステロイドパルス療法
・生物学的製剤

■実績

<診療実績>  平成27年

糖尿病・代謝性疾患 内分泌 リウマチ・膠原病 その他
初診
(救急外来当番含む)
104 153 34 11
再診
(延べ人数)
3,852 2,922 1,742 133
入院(救急外来当番・救急当直含む) 112 19 37 34
他科病棟血統管理 674

■医師紹介 (下の画面をクリックしてください)