〒857-8511 長崎県佐世保市平瀬町9-3
TEL:0956-24-1515(代表) / FAX:0956-22-4641

  • 薬剤部の様子01
  • 薬剤部の様子02
  • 薬剤部の様子03
  • 薬剤部の様子04
  • 薬剤部の様子05

薬剤部

薬剤部長の挨拶

本院は、県北の基幹病院として救急、がん、小児・周産期、高度専門医療、政策医療などを担っており、様々な疾患の治療を行なっています。そのため薬剤部では内服・外用・注射薬あわせて約1,800種類の医薬品を取り扱っています。近年は新しい作用機序の医薬品が多く開発され、本院でもその採用数は増加していますが、治療の選択肢が増える一方、適正使用のために常に最新の情報を入手し、学び続けることが求められています。
病院内では多職種のスタッフが共同して治療にあたっておりますが、それぞれの職種が専門性を発揮することでより良い治療が提供できます。薬剤部では調剤や医薬品の管理だけではなく、抗がん剤の無菌調製、持参薬の鑑別、入院患者の薬剤管理指導などの業務を通じて治療に関わっています。更に医薬品に関するより専門性の高い知識や技能を持って治療に貢献できるよう、がん薬物療法認定薬剤師や感染制御認定薬剤師など認定薬剤師の育成にも力を入れています。
また、医療は本院だけで完結するものではなく、地域の多くの方と連携を取りながら進めていかなければなりません。今後は患者さんにとってよりよい薬物療法が提供できるようにかかりつけ薬局の薬剤師の方々と情報を共有できるよう研修会などの開催も行っていきたいと思っています。
まだまだ薬剤師数が少なく、十分な業務が行えていませんが、自分たちにとってできることを日々積み上げて、成長できる職場でありたいと思います。

薬局の理念

私たちは、迅速・正確・丁寧・思いやりをモットーに、薬の適正使用を推進することにより病院医療に貢献する。

薬剤部基本方針

・医師の処方箋に基づいて、過誤のない正確な調剤を行う。
・衛生面や安定性に配慮し、安全に注射薬の無菌調製を行う。
・適切な薬物療法を実施するために服薬指導・薬学的管理を行う。
・医薬品を安全に適正に使用するために必要な情報を収集・提供する。
・科学的・倫理的妥当性を考慮し、院内製剤を調整する。
・治験薬を適正に保管管理し、実施計画書に従って治験を実施する。

薬剤師募集ガイド

薬剤師募集ガイド画像をクリックして下さい。

戻るこのページの先頭へ